ips細胞

ips細胞とは?人工多能性幹細胞とは?不妊治療、卵子を人工的に作れる?Wikiより簡単に説明すると?
倫理面などの課題はありますが、ips細胞による不妊治療というのは患者にとっては希望の光なのかもしれません。
こういった研究には、技術的な課題を乗り越えたとしても、倫理的な課題が残り、それが深かったりしますからね。
保守的な日本では、人工的に受精卵をつくることなんてまだまだ先にはなりそうですよね。
こちらのYouTubeで、iPS細胞についてわかりやすく説明しています。
人工的に、細胞を作り出すってすごいですよね。
受精卵からさまざまな細胞に転化して、いろいろな臓器などになる。
ただ人間の場合は、一度皮膚になった細胞は、ほかの細胞には変わらない。
しかし、山中伸弥教授は、その皮膚の細胞から、ほかの細胞や臓器を作り出すことに成功したということで、再生医療に革命的なものですね。
iPS細胞は山中伸弥教授がつけた名前ですが、iMacやiPadといった「i」の小文字をパクったとのこと。
おもしろいですね。名前の付け方が。
難病の患者さんとか、不妊に悩む夫婦とかにも、新たな選択肢と希望を与えたというところはいいなって思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>